京都大学大学院農学研究科 応用生命科学専攻
 Graduate School of Agriculture, Kyoto University Department of Applied Life Sciences

産業微生物学講座(寄付講座)
Industrial Microbiology

 微生物にグリーンサステイナブルケミストリーの基盤を託した実学研究

産業を取り巻く環境が大きく変化する中、低炭素社会の構築を目指して、微生物の持つ効率的で環境に優しい多様な機能に各方面から注目が集まっています。代謝制御発酵によるグリーンリファイナリーの実現、微生物酵素の特殊機能開発によるクリーンで効率的なファインケミカル生産技術開発などが、バイオサイエンスの深化を背景にますます世界に先んじて高度に推進されることが期待されています。本講座は、産業に新たなブレークスルーを与える有用微生物の探索、機能開発と産業への貢献を目指した実学研究を展開するために設立された講座です。独創的な成果創出を追求し、応用微生物学の核となるような研究室にしたいと思っています。

 微生物機能を活用したグリーンサステイナブルケミストリー

hikaku

<ものづくりにおける各手法の特徴比較>

4-ヒドロキシイソロイシンは糖尿病改善効果などの有益な生理活性を持った物質です。その生産法に関して、植物体からの抽出法や石油からの化学合成法と比較してみると、バイオ法はバイオマス原料を高機能酵素により変換する持続可能で環境負荷の低い優れた手法であるといえます。

多様な微生物に目的の機能を求めたスクリーニングを実施することによって、特殊な性質を保持する酵素を取得することが可能です。微生物酵素は遺伝子クローニング法や変異導入法などの手法を適用することにより、生体触媒として産業利用レベルに高機能化されます。

syuhou

 

 

to top